English-page(Sakamoto Dental)|江戸川区の歯科のさかもと歯科(一之江)
歯科用 NAOMI-CT 患者様向け1分ムービー
24時間診療予約
一般歯科
  • 虫歯の治療
  • 定期健診
  • 歯のクリーニング
  • 歯周病
口腔外科
  • インプラント
  • 親知らず
  • 口内炎
  • レーザーによる治療
審美歯科
  • ホワイトニング
  • セラミック
  • 痛くない入れ歯
  • ナチュラルデンチャー
アンチエイジング
  • ヒアルロン酸注入
  • アクロパス
光殺菌治療 Q & A 求人募集 クレジットの取り扱い

インプラント

当院のインプラントシステム

当院が実施する最先端インプラント治療

当院では、患者さまにより良いインプラント治療をお受けいただくために、大阪大学歯学部での研究成果をもとに設立された株式会社アイキャット(iCAT)が開発した最先端のインプラントシステムを導入しています。

 

インプラントはこのような方に適しています

○入れ歯が合わなくて悩んでいる方 ○健康な歯を削るのがいやな方 ○「入れ歯はイヤッ!」でも自然な歯並びを取り戻したい方 ○残っている歯にできるだけ負担をかけたくない方

なぜインプラント治療は残っている歯を守るのか?

たとえば、1本歯が抜けたとします。
そういった場合、従来の治療法では周りの健康な歯を削ってブリッジにしたり、入れ歯を入れるしかありませんでした。
どちらの治療法も、健康な歯への負担が大きく、必ずしも良いとは言えませんでした。

ところがインプラント治療は、周りの歯に負担をかけることの無い健全な治療法として、現在大変注目されています。

   
周りの健康な歯も
削ってしまうブリッジ
  入れ歯は留め金を使って
装着するため周りの歯に
大きな負担をかけてしまいます
  このように治療する事で
周りの歯に一切負担をかける事は
ありません

 

インプラントと他の治療法との比較

治療法 硬いものが
噛める
違和感が
ない
美しい
仕上がり
保険適応が
ある 
特徴

インプラント

× [良い点]
顎の骨に固定されているので自分の歯と同じように食べることができる。
周囲の歯に負担をかけない。
[問題のある点]
簡単な手術が必要。

ブリッジ


(材料等に応じて)
[良い点]
固定式のため違和感があまりない。
[問題のある点]
両隣の健康な歯を削らなければならない。
周囲の歯に負担をかける。

入れ歯


(材料等に応じて)
[良い点]
歯を削らずに済む。
[問題のある点]
食べ物が詰まりやすく、虫歯や口臭の原因になりやすい。
周囲の歯に負担をかける。

総入れ歯


(材料等に応じて)
[良い点]
簡便である。
[問題のある点]
入れ歯がぐらついたり、ずれたりする。
食べ物が入れ歯と歯茎の間にはさまり、痛むことがある。

インプラントの費用について

インプラント費用 埋入 200,000円(税別) ※上物別途料金
詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。

インプラント治療の流れ

まずはレントゲンなどによる十分な診断を行い治療計画を立てたのち、手術を行います。

  

Step. 1〜3によって、リスクを軽減した上で最適な位置にインプラントを埋入でき、天然歯の代わりや義歯の土台として、インプラントが持つ機能を最大限引き出すことが可能になります。

 

Step.1 CT撮影

従来のレントゲン撮影では正確に把握することが難しかった、
あごの骨の詳細な立体構造や神経の位置などを精度高く把握するために、
CT撮影を行います。
撮影は数秒間で痛みもありません。

 

CT撮影による被ばくについて
あごのCT撮影は被ばくを伴いますが、自然界で1年間に受ける被ばく量よりも小さく、確実で安全な治療のために非常に有効です。

Step.2 診断・治療計画

撮影したCTデータを専用のシミュレーションソフトに取り込み、
患者さま毎のあごの骨の硬さや形、神経の位置などを詳細に確認しながら、
インプラントの最適な埋入位置を診断します。

診断後にはソフトを用いてわかりやすく全体的なインプラントの治療計画を
ご説明しますので、十分にご納得いただいた上で治療を進めていくことが可能です。

   

 

Step.3 手術

診断した結果を元に手術をおこないます。
ソフト上で診断した位置にインプラントを精度高く
埋入できるようサポートする手術支援器具「サージカルガイド」を用いて、
安心・安全な手術を実現します。

 

 

 

 

   

サージカルガイドができるまで【Landmark Guide 作製工程編】

インプラント治療・埋入時にガイドを用いた症例【Landmark Guide フラップレス ガイド編】

 

手術の流れ

1:局部麻酔をして歯肉を切開し、 骨の中にインプラント(人工歯根)を
 植立する手術を行います。

2:専用ドリルで穴をあけます。

 

3:あごの骨にインプラント(人工歯根)を挿入します。
 このインプラントが新しい根になります。

4:挿入後、インプラントと骨が結合するのを待ちます。
 通常期間は3〜6ヶ月(患者様によって個人差があります)。
 この間は患者様に仮歯を使用して頂きます。

 

5:インプラントと骨が完全に結合したら、アバットメントを連結します。
 このアバットメントは後に上部構造(さし歯)の土台の役目を果たします。

6:アバットメントを連結し、歯肉がしっかり治癒したら型取りし、
 歯の形や 色を決め上部構造(さし歯)を制作します。
 さし歯が完成したらアバットメントに装着固定して終了になります。

 

 

7:その後は定期健診を行い、インプラントが常に良好な状態を保つための
 メンテナンスをしていきます。
 インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、
 半年に一度は定期検診を受けてください。

 

ミニインプラント

快適で健康的な生活のために負担の少ないインプラント治療からはじめてみませんか?

インプラント治療は手術がたいへんで治療費が高額だとおもっていませんか?
ミニインプラントは、骨の量が少ない部位でも植立が可能な細いインプラントで、
これを骨の中の血管や神経の少ない安全な領域に2〜4本植立し、その後、入れ歯を固定します。
使用するインプラントの本数が少ないので、手術も小規模で済み治療費も抑えることができます。

ミニインプラントの治療費(手術費込) 400,000円(税別)
詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。

ミニインプラントの特徴

いくら精密な入れ歯でも、原理としてはやわらかい
歯ぐきの上に馬の鞍のように乗っているだけです。
この状態が長く続くと顎の骨が徐々に吸収して、
入れ歯が不安定になってきます。

ミニインプラントを応用した入れ歯の固定は、入れ歯を
安定させるとともに歯ぐきへの負担を軽減し、顎の骨の
吸収なども抑えます。

食事が楽しくなり、快適で健康的な生活がおくれます。

インプラント Q&A

インプラントに関するよくあるご質問は こちら をご覧ください。