English-page(Sakamoto Dental)|江戸川区の歯科のさかもと歯科(一之江)
歯科用 NAOMI-CT 患者様向け1分ムービー
24時間診療予約
一般歯科
  • 虫歯の治療
  • 定期健診
  • 歯のクリーニング
  • 歯周病
口腔外科
  • インプラント
  • 親知らず
  • 口内炎
  • レーザーによる治療
審美歯科
  • ホワイトニング
  • セラミック
  • 痛くない入れ歯
  • ナチュラルデンチャー
アンチエイジング
  • ヒアルロン酸注入
  • アクロパス
光殺菌治療 Q & A 求人募集 クレジットの取り扱い

口腔外科

インプラント

感染部分に光感受性物質を注入し、光を照射することで殺菌する安全な治療法です。

光殺菌治療は、ガン治療などに用いられる「光線力学療法(PDT=Photo-Dynamic Therapy)」に由来します。PDT は副作用に悩まされるガン治療で安全性の高い治療法として注目され、90年代に国内で保険適用もされた治療法です。同じメカニズムで歯周病をはじめとする歯科細菌感染症の治療に応用したものが「光殺菌治療」です。

 

 

医科では早期がんの治療法として

医科では1990年ごろから光やレーザーを用いて、 肺、食道、胃、子宮頸部などの早期がんに対して治療を行う 光線力学療法(PDT=Photo-Dynamic Therapy)という 治療法があります。

 

歯科では殺菌治療法として

歯科では同様のメカニズムで数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない 体に優しい安全な治療法として光殺菌治療が急速に普及しています。 光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する治療法です。

 

インプラント

細菌が引き起こす病変の治療に有効です。

   
根の治療 (感染根管治療)   歯槽膿漏 (歯周病)   インプラント周囲炎

その他、カリエス、歯冠周囲炎、アフタ、ヘルペス、扁平苔癬、真菌など

 

インプラント

痛み・副作用がない 痛みも副作用もないため、安心して受けることができます。
耐性菌を作らない 抗生物質のように耐性菌を作らないので、定期的な歯周病ケアに継続して使用できます。
持続的な殺菌効果 活性酸素によって細菌を破壊する直接的な殺菌だけでなく、生体が本来持つ免疫力(白血球の遊走)を引き出し、持続的な殺菌効果を生み出すことが研究を通して明らかになってきています。定期的な歯周病ケアを受ける際、光殺菌を行うと次回治療まで効果を持続させることが期待できます。
予防的な殺菌効果 さらに、健康な部位に光殺菌を行うことによって、白血球の働きで細菌感染を防ぐ、予防的な殺菌効果があることも研究を通して明らかになってきています。定期的な歯周病ケアを受ける際、光殺菌を行うと健康な歯の将来的な歯周病予防も期待できます。
その他 ・あらゆる細菌に効果を示します。
・お薬(抗生物質)を使わないため耐性菌が発生しません。
・副作用はなく、繰り返して治療に利用できます。

※ 光過敏症の患者さまには利用できません。

 

インプラント
当院は光殺菌治療で世界をリードするCMS dental社の FotoSan 630を使用しています。

 
治療に用いる光感受性ジェル
FotoSanエージェント
 
   
 
    FotoSan 630

 

インプラント

痛みの無い、体に優しい治療です。

 

インプラント

1.光感受性ジェルが細菌の細胞壁や膜に取り込まれる。

2.特定の波長の光が照射されると、 光感受性ジェルがエネルギーを
  受け取り「活性酸素」を大量に発生する。

3.「活性酸素」が細菌の細胞壁や膜だけを破壊し、殺菌する。

 

インプラント

とどめの一撃

通常の治療の上に光殺菌治療を行うと、 「とどめの一撃」としての殺菌効果が期待されます。これまでの治療方法では除去しきれない細菌を死滅させ、個人差はありますが感染の再発防止に大きく貢献します。

   
根の治療 (感染根管治療)   歯槽膿漏 (歯周病)   インプラント周囲炎

 

予防

加えて、光殺菌治療は予防にも有効です。歯周病やインプラントの定期健診、矯正治療中のメンテナンスの際に予防的治療として光殺菌治療が効果を示します。

   
歯周病定期健診   インプラント定期健診   矯正治療中

 

歯周病プロケア

当院では歯周病治療の際、「光殺菌治療」を取り入れています

当院では歯周病治療の際、オプション治療として「光殺菌治療」を取り入れています。光殺菌はヨーロッパで10年以上臨床実績のある治療法で、抗生物質のように耐性菌を作らず、耐性菌にも効果があり、生体本来の免疫力を引き出す治療法ともよばれています。
当院では光殺菌装置 FotoSan630 を用いています。
FotoSan630 は日本ではまだ承認されていない医療機器です。当院では光殺菌治療の安全性とその効果を確認のうえ、歯科医の裁量のもと治療に取り入れています。

 

年に数回定期的な歯周病プロケアを
30歳からはじめる歯周病ケア

歯周病を原因とする抜歯は35歳頃から増えています。知らないうちに進行する歯周病。自覚症状が出る前の30歳からの歯周病ケアが重要です。

定期的な歯周病プロケアが歯を守る

症状のある時だけ歯科を受診していると、年齢と共に歯の喪失リスクが高まります()。歯磨き指導を受けていても症状のある時だけ受診している場合と同様に歯の喪失リスクは高いままです()。しかし、定期検診を受けていると歯の喪失リスクは格段に低くなります()。

年2回以上のプロケアで全身の健康とお金の節約

近年、歯周病が糖尿病や心筋梗塞など全身疾患のリスクを高めることが分かってきています。年2回以上定期的な歯周病ケアを続けていると、定期ケアをしていない場合に比べて、全身にかかる総医療費が49歳で逆転し、65歳で年間15万円も軽減されます。定期的な歯周病プロケアで、全身の病気を予防しお金も節約できます。

 

詳細なメカニズム・治療方法
詳細なメカニズム

歯周ポケットに注入する青色の染色剤には光に反応する性質があり、
そこに特定の波長の赤色LED光を照射することで、
数ナノ秒というごく短い時間「活性酸素(一重項酸素)」が発生し細菌を破壊します。

治療方法

歯周病の基本治療である「歯石除去」を行った後、
青色の染色剤を歯周ポケットに注入し、赤色LED光を照射します。
少しの暖かさと振動があるだけで痛みはありません。

 

インプラント

殺菌効果は目に見えません。そこで簡単な実験を行いました。
唾液を薄め、滅菌棒で繁殖培地に擦り付け培養すると、たくさんの細菌の 群れ(コロニー)が発生しました(左側)。
一方、同じ唾液に光感受性ジェルを注入し、光殺菌した後に培養すると、 細菌群はほとんど見られませんでした(右側)。

 
何もしていない唾液   光殺菌をした唾液

 

インプラント

症例1:
   
ポケット10mm、出血、炎症   FotoSan照射(60秒間)   1ヵ月後、症状緩和

 

症例2
   
出血、腫脹、疼痛、動揺   FotoSan照射(60秒間)   1ヵ月後、症状緩和

 

症例3
   
臼歯部粘膜の腫脹、瘻孔   デンタルでの透過像   FotoSan照射(根管30秒、粘膜30秒)
         
     
2週間後、腫脹、瘻孔の改善   透過像でも改善    

 

インプラント

誰でも光殺菌治療を受けられますか?
光過敏症の方を除き、あらゆる方が受診可能です。
治療後歯茎が少し青くなったのですが、大丈夫ですか?
心配ありません。2,3日すると自然に元通りになります。
健康保険は使えますか?
保険治療ではありません。詳しくはスタッフにお問い合わせください。
治療中、痛みはありませんか?
全くありません。若干の熱と振動があるだけです。
光感受性ジェルはどんな味がしますか?
少し甘い味がします。

 

インプラント

「まったく痛みもなく安心して受けられました。 」

「歯茎から血や膿が出なくなりました。 」

「抜歯と言われていた歯を抜かずにすみました。」

「いつも歯茎がひきしまっている感じがします。 」

 

インプラント

1.FotoSan630は日本ではまだ承認されていない医療機器です。
  当院ではその安全性と効果を確認の上、歯科医師の裁量のもと治療に取り入れています。
2.本項は広告ではなく当医療機関の情報提供・広報に該当いたします。